バラ

バラ パットオースチン Pat Austin English Roses

最後にたどりつく究極の花 バラ

幾度のガーデニングブームが過ぎ去り、現在はブームにとどまらず

ガーデニングが深く人々の間で広がりをみせています。

その頂点ともいえる、バラの魅力を簡単に伝えるのは難しい。

樹形も色々で、ブッシュ系(木立性)、シュラブ系(半つる性)、クライミング(つる性)

等があり、お庭やベランダの環境にあった系統をセレクトします。

開花は一季咲きから四季咲き(返り咲き/繰り返し咲き)があり

一重からボリュームのある八重咲きまで多彩です。

香りを愉しむバラ、大輪のバラ、花色を愉しむバラ、修景バラと

育てる環境と好みに合わせて楽しめます。

バラは病害虫がつきもので育てるのが難しい・・・と諦める人も少なくありません。

人間の健康管理と一緒で、予防が大切です。

また、丁寧に土壌改良することで、健康なバラを育てることがとても大事です。

育てたことのない方に、是非一度チャレンジしてもらいたいと願います。

無農薬や減農薬で育てていらっしゃる愛好家も多くなりました。

ですが、日頃の管理が重要で、時間に余裕がある方にお勧めします。

このブログで、質問してみてください。きっと、何かの助けになると思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中